屋根塗装は定期的に検討し最悪なケースにならないよう対策する

サイトマップ

一軒家

注目ニュース

定期的な屋根塗装の塗り替え

並んだ2つの家

屋根塗装の剥がれやカビ、目立った損傷が表れていなければ屋根塗装を行わなくていいように感じますが、実は定期的な屋根塗装の塗り替えを行っておいた方が家にとって健全です。
一般的にいわれている外壁の塗り替えの目安は10年程度といわれていますが、外壁に何らかの兆候が出ている場合は、手遅れになる前に早めに屋根塗装業者に依頼しましょう。特に、雨漏りなどが起こっている場合には、すでに末期的な症状なので早急な対応が必要です。
これは何を意味するかというと、屋根塗装の本来の目的は見た目の美しさを保つ事ではなく、家の防水を行うのが主たる目的だからです。たしかに、家の美観や断熱性能なども大切な役割の一つなのですが、雨水は住居に使われている木材や鉄筋などにとって最大の敵であり、雨水によって住居がおかされてしまうことは、住居の強度が無くなってしまう事に繋がってしまうからです。もしそうなってしまうと、更なる修繕費が必要になってしまい、最悪の場合家が住むことが出来なくなります。
ですから、屋根塗装は定期的に検討し、何らかの影響が外壁に見られたら直ぐに補修を行い、最悪なケースとならないように十分注意しておく事が必要です。

レンガ造りの建物に対する屋根塗装について

一部の方々は、レンガ造りの住宅に居住しています。とても温かみが感じられる住宅ですね。
ところでそのような建物に居住する方々は、たまに屋根塗装を検討しています。もちろん、客観的な見栄えを改善する目的などがあるのです。そのレンガ造りの建物の場合は、色彩には注意を要するでしょう。なぜなら似合う色彩もあれば、そうでない色も存在するからです。そもそもレンガというのは、赤い色や茶色系統が多いですね。全般的に濃い色彩になっています。そのようなレンガの色彩を目立つようにさせる為には、原則として壁の色は薄い方が良いのです。あまり濃いを用いてしまいますと、肝心のレンガが目立ちづらくなってしまうからです。薄い色の屋根塗装によって、レンガを引き立てるイメージですね。
それと、ナチュラルカラーなどもレンガとの相性が非常に良いです。主に樹木や海などの色が、それに該当します。逆に避けた方が良いからもあります。上記のような濃い色がそれに該当するのですが、その他にも派手なピンクやオレンジなどの色も、やはりレンガを目立ちづらくさせてしまう効果があります。
このようにレンガ造りの住宅の場合は、色彩には注意を要するのですね。基本的にはやや地味なタイプの色を選んで、レンガを目立つように屋根塗装をさせるのが良いでしょう。

塗装屋の父から聞いた屋根塗装の重要性

私の父は東大阪で塗装関係の自営をやっています。私の家の屋根塗装を父に今回お願いしたのですが、そこで父に聞いた屋根塗装をする理由について備忘録としてまとめることにしました。
まず第一に、家の外観を保つために屋根塗装を行うそうです。これは素人の私にも十分理解できることでした。確かにひび割れや、色落ちが目立つ屋根の住宅は見栄えが悪いですよね。私の家の屋根塗装を依頼した理由も、この外観が美しくなくなってきたからというのが大きかったですしね。
次に、雨漏りなど水漏れがしないように補強するという意味合いが大きいとの事でした。これも合点がいきます。実際の雨漏り事例と屋根塗装施工前後の写真を父に見せてもらい、なるほどなと思いました。
また、屋根塗装をすることで家そのものの耐久性を維持するという目的もあるようで、私が思った以上に屋根塗装には大きな意味合いがあることを知りました。つい先日、私の家の屋根塗装は無事父と部下の職人さん達の手によって終了し、美しい外観と今後感じるであろう耐久性の補強をすることができました。
一口に屋根塗装と言っても、様々な意味合いがあるということを今回初めて知ることができたのも、私にとっては大きな収穫でした。

屋根塗装を行うことがどれほど大事か身にしみたので、友人などにもし東大阪で屋根塗装をするなら必ず専門業者『ペイントプロ』に依頼することをお勧めしようと思います。

おすすめコンテンツ

TOP